ビデオ:FPVドローンがベルゴロド地方でロシアの装甲車VPK-Uralを破壊

  • 2 か月前


ウクライナのFPVドローンがロシアとウクライナの国境からわずか13キロメートルの場所でロシアの装甲車VPK-Uralを攻撃し、破壊しました。この事件は、ベルゴロド地方のオクチャブリスキー村近くのルコイルガソリンスタンドの近くの検問所で発生しました。

この攻撃は軍事オブザーバーのTendarによってドキュメント化され、彼のX(旧Twitter)アカウントで共有されました。攻撃された車両の映像が確認できます。画像の分析によると、装甲車はドローンからの保護を目的としたカバーで機関銃の巣が覆われていました。

ビデオの作者は、攻撃時に車内に弾薬があったことも指摘しており、これが観察された破壊の激しさに寄与した可能性があります。

VPK-Uralについて
VPK-Uralは、2019年に一般公開されたウラル-53099トラックを基にしたロシア製の地雷耐性装甲車です。このモデルにはAMN-590951という現代化されたバージョンがあり、エンジン保護が強化され、車体は防弾および防破片の改良が施されています。この改良版の兵員コンパートメントは最大9人を収容可能で、屋根には12.7mm口径のコルド機関銃が設置された銃座があります。

AMN-590951の総重量は14.5トンで、公道での最大速度は少なくとも100km/h、最大航続距離は1000kmです。

写真とビデオ:Twitter @Tendar

お勧め