高速で移動中のロシア軍ボートがウクライナの機雷で爆発

  • 先月


ヘルソン地域のヴィルホヴァ川で、高速移動中のロシア軍ボートがウクライナの機雷に接触し、爆発する事故が発生しました。この事件の映像は、Telegramチャンネル「参謀本部の大佐」によって公開されました。

この機雷は、ミコライウの第123別個地域防衛旅団の戦闘員がドローンの助けを借りて設置した高爆発型のYARM(アンカー川機雷)と特定されています。このタイプの機雷は、敵の上陸用舟艇を攻撃するために、貯水池や川、湖などの水域に設置されます。

このボートには7名のパラシュート兵が乗っており、高速で移動中に機雷に触れ、爆発しました。爆発の衝撃で兵士たちは海に投げ出されました。何人かのロシア兵は生存し、岸にたどり着くことができましたが、その後FPVドローンによる攻撃を受けました。

YARM機雷は、ソビエト製の高爆発機雷で、敵船舶との接触時に爆発するためのトリガーとして、水中で溶解するヒューズを備えています。この機雷は体があり、ヒューズ、起爆装置、および所望の深さで機雷を固定するためのアンカーが含まれています。

機雷の総重量は13キログラムで、爆薬の重量は3キログラムです。

YRKを無効にする方法は存在せず、引きずるか、工学的な荷を使って爆破するしかありません。

この事件は、ヘルソン地域での海上での脅威が続いていることを示しており、ウクライナの紛争におけるドローンや自律技術の使用が増加していることを浮き彫りにしています。

お勧め