動画:ロシア軍が新たな装甲車と先進的な保護キットを受領

  • 2 か月前


クルガンマシュザヴォド社(ロステック国防コングロマリットの一部)は、ロシア国防省に対して新しい戦闘車両の一括納入を前倒しで行ったと発表しました。このロットには、追加の保護キットを装備した先進的な歩兵戦闘車BMP-3や、空挺歩兵戦闘車BMD-4Mが含まれています。

ロステックのプレスリリースによると、納入は予定よりも早く実施されました。同社のエンジニアは、ウクライナでの最近の戦闘経験を分析し、BMP-3のモデルを改良しました。その結果、新しいBMP-3は標準保護キット、上半球保護、および視認性を低減する「ナキッドカ」システムを装備しています。

標準保護キットはあらゆる方向からの攻撃に対する装甲を提供し、上半球保護はドローンが発射するロケット弾などの空中脅威から保護します。また、「ナキッドカ」カバーは熱絶縁材と放射線吸収材で作られており、熱画像装置による検出を困難にします。

ロステックの通常兵器および特殊化学クラスターの産業ディレクター、ベハン・オズドエフは改良の重要性を強調しました。「ロステックは多様な武器と軍事装備を生産しており、その中には改良されたBMD-4MやBMP-3も含まれます。この新しいロットの送付により、我々は車両の保護を大幅に強化しました。BMP-3は追加装甲だけでなく、「ナキッドカ」カバーも受け取り、これにより熱とラジオのスペクトルでの視認性が低下し、戦闘での生存能力が向上しました。」

さらに、クルガンマシュザヴォドは予定よりも早くBMP-2用の追加保護キットを製造しました。これには、対砲弾防御用グリルと装甲スクリーンが含まれ、既に配備されている装備の防御力をさらに強化しています。

ソースおよび画像:テレグラム / rostecru

お勧め