ビデオ:ウクライナで目撃された珍しいロシア製装甲車

  • 先月


ウクライナの戦場近くで、通常見られない歩兵戦闘車BMP-3のバージョンが、ロシアのテレグラムチャンネルで公開された画像によって目撃されました。この新しい改造は、追加の爆発反応装甲(ERA)を装備しており、防御能力を強化するための重要なアップグレードを示しています。

分析家たちは、BMP-3が「カルカス-2」プログラムの一環として開発された4S24 ERAキットで強化されたと推測しています。このプログラムは、軽装甲車両の対戦車脅威に対する保護を強化することを目的としています。4S24システムは、4S20コンタクトの爆発反応装甲と同等の対破片効果を持ちながら、使用される爆発物の量は半分です。

比較的脆弱な船体の完全性を保持するために、動的保護要素は泡ポリマー容器に封入されています。この設計は、爆発した金属板の減速と拡散を目的とし、累積発射体の効果を中和し、主要な貫通防止機能を維持することを目指しています。

ロシアの情報源によると、カルカス-2動的保護システムは、保護要素間の爆発伝達を効果的に防止することが証明され、累積発射体の影響に対する重要な防御を提供しています。

BMP-3は、側面と前面に4S24装甲ブロックが装備されています。しかし、これらの改善は、ウクライナの自爆ドローンという新たな脅威からの保護を提供していません。これは、戦場の技術進化に伴う車両保護の改善の継続的な課題を浮き彫りにしています。

写真およびビデオ:テレグラム / ovbron

お勧め