明日への教訓~広島・チェルノブイリから福島へ~ (1)

  • 12 年前
テレビ朝日系・テレメンタリー2012 2012.12.29。

福島第一原発の事故で大量に放出された放射性物質。
「避難した方がいいの?」「外で遊んでも大丈夫?」
不安は募るばかりだが、そこに明確な答えはない。
なぜ、明確な安全基準が示せないのか?
被曝には、初期放射能による直接被曝と、低線量の残留放射能による内部被曝があるが、内部被曝による健康被害のデータが存在しないからだ。
それどころか、広島・長崎でも、チェルノブイリでも残留放射能の影響は否定されてきた。
子どもたちの明日のために、残留放射能や除染の問題とどう向き合っていくべきなのか。

番組では、終戦直後の日本の状況やアメリカの思惑、さらに、チェルノブイリ事故後のウクライナやベラルーシの健康被害を徹底取材。
その教訓から学ぶことによって、日本の未来を考える。

ANN24局共同制作

お勧め