ビデオ:中国、強力なJ-20を使用して台湾を脅かす

  • 2 か月前
中国人民解放軍(PLA)は、軍事演習「Joint Sword 2024A」中にそのステルス戦闘機J-20の能力を強調するビデオを公開し、力の誇示を行いました。

この演習は2日間にわたり実施され、台湾島の侵攻を模擬したもので、自治領域を囲む形で行われ、地域内の緊張を高めました。

55秒のこのビデオは、東部戦区指揮部によって公開され、J-20戦闘機の数々の印象的なシーンを含むもので、ペアでの離陸や編隊飛行などが映されています。特に注目されるシーンの一つに、戦闘機のコックピット内から撮影された、行動準備が整ったパイロットの姿があります。ドラマチックなサウンドトラックと共に、「海峡を越える致命性」という英語の字幕付きで強調されています。

このビデオのリリースは、5月20日に新たに就任した台湾の蔡英文総統の就任演説への反応として行われた軍事演習の直後に行われました。蔡総統は台湾の独立と主権を再確認し、これが中国からの批判を招きました。中国は繰り返し新総統を「分離主義者」と非難しています。

ビデオは、Mighty Dragonとして知られるJ-20の特性を強調し、そのステルス性、超音速巡航能力、高い状況認識力を際立たせています。PLAは、演習が台湾に対する「権力を握る」能力を試すために設計されたことを明確にしました。

公開された資料はソーシャルメディアで広く共有され、台湾海峡の地域における軍事化の増大と複雑な地政学的ダイナミクスを示しています。

写真およびビデオ:Twitter @globaltimesnews