ベトナム戦争時代のヘリコプターが2050年代まで運用される可能性

  • 2 か月前


アメリカ特殊作戦軍司令部(USSOCOM)の作戦に長年にわたり不可欠なA/MH-6リトルバード・ヘリコプターは、今年2月に陸軍によってキャンセルされた将来の攻撃偵察機(FARA)プログラムのため、以前の計画通りに退役されないことになりました。

FARAは2030年代半ばからリトルバードを置き換える予定でした。

USSOCOMの回転翼プログラムのエグゼクティブディレクターであるスティーブン・スミスは、特殊作戦部隊週間の会議で、FARAのキャンセルにより、MH-60Mブラックホークの使用も2050年代以降まで延長されることを強調しました。「今、この解決策がないため、これらの航空機をはるかに長い間維持しなければなりません」とスミスは説明しました。

リトルバードは、ケンタッキー州フォートキャンベルの第160特殊作戦航空連隊(Airborne)によって専用で運用されています。USSOCOMは2016年から、航空機の能力限界を特定しており、プラットフォームの維持と更新のすべての費用を負担しています。

2022年には、リトルバードの速度が既存の編成や将来の航空機に追いつけないことが観察されました。当時の回転翼プログラムディレクターであるジェフ・ダウナーは、速度を向上させるためにハイブリッドパワーや電動化などの代替案を探ることを提案しました。しかし、スミスは最近、そのような電動化の取り組みを支援する資金が不足していると指摘しました。

それでも、リトルバードは新しい戦術無線システム、強化されたセンサーシステム、およびボーイングによって強化された機体を含む重要なアップグレードを受ける予定です。これにより、機体の総重量が4,700ポンドから5,000ポンドに増加します。これらの改善により、少なくとも2034年まで航空機の運用が維持される予定で、USSOCOMはその日以降の代替案をすでに探しています。

写真およびビデオ: ボーイングディフェンス / greeneyes_blackbirds

お勧め