ビデオ: 最初のF-15EXイーグルII戦闘機が米空軍に配備される

  • 先月

最初のF-15EXイーグルII戦闘機が2024年6月5日、オレゴン州ポートランドにある州空軍基地に着陸しました。これにより、ポートランドに駐留するオレゴン州空軍の第142航空団は、米空軍の中で新型機を初めて実戦配備する部隊となりました。

「オレゴン州に奉仕し、太平洋北西部を守ることができることに非常に興奮し、誇りに思います」と第142航空団の代表者は述べました。「米空軍が第142航空団を最初にF-15EXイーグルIIで国を守る部隊として認めてくれたことを光栄に思います。」

最新の空中優勢戦闘機F-15イーグルのバージョンであるF-15EXは、より多くのペイロード容量、フライ・バイ・ワイヤ制御、デジタルコックピット、最新のセンサーとレーダー、そして電子戦能力を備えています。最終的には、古いF-15C/Dモデルを置き換え、米空軍のイーグル艦隊を更新することが期待されています。

最初の運用機の到着は、納品スケジュールの遅れを経たプログラムにとって重要な節目となります。製造欠陥が試験機4機と運用機2機からなるロット1Bに影響を与えました。2023年の米政府説明責任局の武器システム評価報告書によると、当初の納品スケジュールは6ヶ月遅れることとなりました。

ボーイングが公開したビデオによると、運用機はEX7とEX8と命名されました。製造元はBreaking Defenseに対し、ロット1Bのもう1つの運用機であるEX7が2024年7月前に到着する予定であり、基本スケジュールの違反をぎりぎりで避けられる見込みであることを確認しました。

この取得は、米国の防衛能力において重要な進展を示しており、継続的な近代化と空中優勢へのコミットメントを示しています。

写真とビデオ: ボーイングの提供

お勧め