ビデオ:第5世代Su-57戦闘機、ロシア国防省に納入
  • 3 か月前


ユーリ・ガガーリンの名を冠するコムソモリスク・ナ・アムーレ航空工場は、2023年の生産計画の一環として、ロシア国防省に第5世代のSu-57戦闘機の最終ロットを納入し、重要なマイルストーンを達成しました。

公式声明によると、この出来事はロシアの軍事航空分野における技術進歩と製造能力を強調しています。

Su-57は、第5世代の多目的戦闘機であり、ロシア空軍にとって大きな技術的飛躍を代表しています。進歩は、高度な戦闘機の設計だけでなく、2023年に設立された組立ラインの効率性によっても証明されています。これは、増加する一連の生産量に対応するために最適化されており、生産の品質と効率を保証しています。

コムソモリスク・ナ・アムーレ工場は、特に最終組立だけでなく、全生産サイクルにおけるボトルネックの排除において重要な課題を克服することに焦点を当てています。この包括的なアプローチにより、生産の各段階が最大限の効率化を目指して最適化され、遅延の最小化と高品質基準の維持が保証されます。

Su-57の写真とビデオ:Telegram t.me/uac_ru





お勧め