動画:エアバス、A400M用消火キットをアップデート

  • 7 か月前
エアバス・ディフェンス・アンド・スペースは、A400M用プロトタイプ消火キット「ロールオン/ロールオフ」の新たな飛行試験キャンペーンを実施し、2万リットルの遅延剤を投下して、地上に長さ400メートル以上の高濃度のラインを作成しました。

2週間にわたり、A400Mはスペイン南西部および中央部で地上試験と飛行試験のキャンペーンを実施し、そのうち6回の負荷試験を行い、3回は赤色の遅延剤を、残り3回は水を使用しました。

エアバス・ディフェンス・アンド・スペースの軍用航空機システム部門長、ジャン=ブリス・デュモン氏は「新バージョンのキットを試験し、昨年に比べて投下効率を向上させ、排出時間を30%以上短縮しました。これは、A400M航空機への迅速な展開と容易な設置と相まっています」と述べています。"A400Mのフリートに対し、新しいソリューションや能力の開拓を続けており、この場合は、火災から人口や自然環境を保護することに焦点を当てています。"

このロールオン/ロールオフキットは、航空機の改造を必要とせず、そのためA400Mフリート内の任意の航空機で交換可能です。水または遅延剤は、航空機の貨物室内のタンクに保管され、機械式レバーを使用することで、重力を通じて排出チューブから航空機外に液体が流れ出るようにするためのドアが開きます。現在のプロトタイプの設計では、単一の排出で2万リットルを投下できます。

タンクは、地上の標準的な高圧ポンプを使用して10分未満で充填可能です。A400Mは、短く未舗装の滑走路での離着陸が可能であり、多くの空軍基地や飛行場での使用が可能です。

キャンペーン中、スペイン空軍の第43消火飛行隊が技術顧問として参加し、A400Mにこの能力を付加することが、潜在的なオペレーターにとって実際の価値を持つことを保証しました。

出典: @AirbusDefence





お勧め