検索履歴をすべて削除しますか?

削除しない場合はキャンセルを選択してください

フルスクリーンで見る

真実はどこに? WHOとIAEA 放射能汚染を巡って/ NUCLEAR CONTROVERSIES

Marco Cavallo
7 年前|3.5K 視聴
WHOとIAEAは裏で利権絡みでつながっていて、チェルノブイリ事故15年後の当時、内部被ばくによって主に子供たちに現れた心臓病や精神疾患、免疫力の低下による疾患等の健康被害を一切認めていない。彼らが公式に認める事故の死者は31人。しかし内部被ばくの影響を認める関係者らは少なくとも900万人と主張する。主に食事により体内に蓄積される放射性核種(セシウム等)が、体重1キロあたり50ベクレルを超えると臓器に損傷がおこり、子供でも成人病、突然死が起きている。事故以前は80%が健康児だったベラルーシでは、「健康」と診断される子供は現在(当時)100人に20人しかいない。
WHOがIAEAを離れて調査・発表できない仕組みが問題といえる。

ミシェル・フェルネクスさん「たくさんの人にこの映像を広めて欲しい」
<真実はどこに?>(原題:核論争)~WHOとIAEA 放射能汚染を巡って~
ベラルーシ医療施設の子どもたちが語る映像、WHOの報告会議の模様などが織り混ぜられたドキュメンタリー。フェルネクスさんはじめ、医師・研究者たちが登場。ウラディミール・チェルトコフ監督、エマヌエラ・アンドレオリ、ロマーノ・カヴァッゾニ助監督作品、フェルダ・フィルム、2004年、51分

<関連映像>
チェルノブイリの被害者は100万人 1/2
http://youtu.be/FCQI_s5U6CE
チェルノブイリの被害者は100万人 2/2
http://youtu.be/r-wzEokCr3U

他の動画を閲覧