ビデオ:ロシアで3つの新しい無人ボートが開発されました

  • 25 日前

複数の軍艦を海洋ドローンに失った後、ロシアは教訓を学んだようで、現在、3つの新しい無人ボートを発表しました。これらの海軍ドローンは、海軍展示会FLOT-2024で紹介されました。

展示会の映像には、「Orkan」、「BEK-1000」、「Vizir」の無人ボートが映っています。

Orkanは、多用途のコンパクトモデルで、最大速度40ノット、航続距離は少なくとも500キロメートルであり、航行性は最大3ポイントです。

Vizirは、最大速度45ノット(83.4 km/h)を達成でき、航続距離は最大434キロメートルです。

さらに、Rosoboronexportは、FLOT-2024展示会でBEK-1000表面ドローンを紹介しました。BEK-1000は、さまざまな目的で最大1トンのペイロードを運ぶことができると言われています。無人ボートには、おそらく強力な弾頭を収容するための上部構造も備えています。

ロシアの防衛企業は、これらの無人ボートを外国の顧客に提供する計画です。展示会では、これらのドローンが狙っている軍艦よりも何倍も安価であるべきだと指摘されました。

海軍ドローンは、防衛技術の世界では新しいものではなく、世界中のさまざまな軍隊によって1年以上前から使用されています。しかし、ロシア・ウクライナ戦争の始まりとともに、この戦争手段に対する見方が根本的に見直されました。

ウクライナは2022年に攻撃型海軍ドローンの使用を開始しました。また、2023年にはロシアの企業KMZが、ウクライナのドローンと同様の設計であるDandelion海軍攻撃ドローンを発表しました。

お勧め