ボーイングが米海軍に最初の完全自律長距離潜水艦を納入

  • 6 か月前
ボーイング・ディフェンスは、米海軍に最初の完全自律型長距離オルカ(XLUUV)潜水艦を納入しました。

米海軍が「オルカ」と名付けたこのXLUUVは、新しいクラスの自律型潜水艦を代表しています。長期にわたる重要任務を遂行する能力は、絶えず変化する海洋環境や争われる水域での潜水艦の優位を確立するために不可欠なツールです。

オルカは、そのユニークな能力を示すために、海上での一連のテストを受けました。これには、水面上および下での操縦試験が含まれます。プロジェクトは2012年にコンセプト実証用のXLUUVであるエコー・ボイジャーの開発を開始しました。2017年から海上でテストされたエコー・ボイジャーは、オルカXLUUVの先駆けとなり、プロジェクトの成功に重要な役割を果たしました。これは、1万時間以上の海上運用と、数百海里を自律的に航行しました。