長距離誘導爆弾を搭載したSu-34爆撃機の映像が公開
  • 4 か月前
ロシア国防省が長距離FAB-500爆弾を装備したSu-34戦闘爆撃機の映像を公開

ロシア国防省が最近公開した映像には、70km以上の距離から目標を攻撃できる強力なFAB-500空対地爆弾を装備したSU-34戦闘爆撃機の印象的な能力が映し出されています。これらの爆弾はロシア空軍内で一般的に使用され、低抗力で、500kgの高爆発性の弾頭を持っています。

1960年代初頭のソビエト連邦で初めて開発されたFAB-500は、年月を経て大幅な改良が加えられました。最新の計画および修正キットを取り入れることで、これらの爆弾は遠距離の目標を高精度で攻撃する能力を獲得し、戦場での効率と危険性を大幅に高めました。

この技術的進歩は、SU-34戦闘爆撃機の運用能力において顕著な飛躍を示し、ロシア軍の継続的な発展と近代化を強調しています。





お勧め