検索
ライブラリ
ログイン
フルスクリーンで見る
先月

回顧 ふたたび

だいちゃん 父
 かなり前にNOBUさんと一緒に作った”回顧”ですが、
NOBUさんからリニューアル版を作って欲しと言われ、
一度そのままの歌詞でレコーディングしましたが、
ワシの声の調子が最悪の状態から抜け出たばかりの
レコーディングだったのでこの楽曲はボツにして、
今回2番の歌詞をNOBUさんとワシの友達のおぐりんに
対しての歌詞に変えて新しくレコーディングし直しました。

 先のおぐりんへの鎮魂歌の時もそうでしたが、
何かおぐりんの事を思いながら歌を歌うと泣けて来て
しまいますので、この曲も所々必死にこらえながら
歌っているので時々変な声になっているのは
どうかお許し頂けたら幸いです、、、

 おぐりんが亡くなってもう2カ月近くになりますが、
まだ何処からかひょこっと現れるんじゃ無いか?って
今でも気配を感じてしまうそんなワシなのでした、、、


YouTubeで動画を見る → https://youtu.be/Mv_KPift61g

                       作詩、NOBU だいちゃん、父
                 作曲、編曲、歌唱、だいちゃん、父
 
    回顧 ふたたび


 1.広く広く何処までも続いて行く道、車も滅多に通らないこの道

   道路で無邪気に遊ぶ子供達、縄跳び缶蹴り鬼ごっこ

   赤とんぼの群れが忙しく行きかい、西の空も赤く染まり始めると

   幾分冷たくなった風と共に、匂い漂う屋台のおでん


   気がつけばカラスも一羽又一羽、日暮れの空を飛び急ぎねぐらへ帰るよ

   帰り行く子らの声を窓辺に敷かれた、布団から身を起こしじっと見つめる君がいた


   *バイバイバイバイバイバイバイバイまた明日、君はそっと心でつぶやいた

   バイバイバイバイバイバイバイバイまた明日、僕も君達と遊びたいよ*


 2.遠く遠く空の彼方に旅立った人、今はもう話す事も出来ないけれど

   君が私に残した道標(あしあと)は、深く胸に刻み込まれたよ

   目をつぶるとまるで走馬灯の様に、君と忙しく動いていた事が

   何だか不意に照れ臭く感じて来て、一人で空を見ながら笑ってた


   思い出せば君の一言一行動、ずっと驚きの連続だったけれど

   今思うと残された時間と闘いながら、君もきっと必死に動いていたんだね

   
   バイバイバイバイバイバイバイバイまたいつか、今度は君の為に役に立ちたいよ

   バイバイバイバイバイバイバイバイまたいつか、僕はまた君と遊びたいよ


   *  ~  *   リフレイン

他の動画を閲覧

他の動画を閲覧