検索
ライブラリ
ログイン
フルスクリーンで見る
7 年前

戦後史証言プロジェクト 日本人は何をめざしてきたのか 第3回 丸山眞男と政治学者たち 後編

tv watcher
出征、そして被爆体験を経て8月15日を迎えた丸山眞男。日本の超国家主義を分析し、「無責任の体系」と鋭く批判した論文で戦後の論壇をリードした。
敗戦直後、丸山は、東大で教鞭を執るかたわら、静岡県の「庶民大学三島教室」に通い、民主主義を広めようと努めた。
60年安保闘争では「市民派」として積極的に発言したが、東大紛争では、戦後民主主義の申し子ともいうべき学生たちの厳しい批判にさらされた。

他の動画を閲覧

他の動画を閲覧