検索履歴をすべて削除しますか?

削除しない場合はキャンセルを選択してください

福島第一原発 増え続ける汚染水(一日400㌧)の現実

6 年前507 views

gataro-clone

gataro-clone

報道ステーション 2013.3.1.

広大な福島第一原発敷地にあった森林を伐採し、次々に増設されていった汚染水を入れるタンク群。大小あわせて900ものタンクが並ぶ。
タンクの設置がはじまったのは2011年6月からだが、汚染水は一日に400トンづつ増えているという。
汚染水が増え続ける原因は、原子炉建屋に流れ込む地下水や雨水だと考えられる。
しかし原発事故から2年になるが、地下水の流入を止められていない。
その結果が敷地内に並んだ巨大なタンクで、どんどん増えている。
東京電力は増え続ける汚染水をどうするのか。

問題を選択

詳細(任意)

  • 性的なコンテンツ
  • 暴力的なコンテンツ
  • 名誉棄損または不愉快なコンテンツ
  • スパムや誤解を招く動画

動画を埋め込む

福島第一原発 増え続ける汚染水(一日400㌧)の現実
自動再生
<iframe frameborder="0" width="480" height="270" src="https://www.dailymotion.com/embed/video/xxwi7v" allowfullscreen allow="autoplay"></iframe>
上の埋め込みコードであなたのサイトに動画を追加します。

問題を選択

詳細(任意)

  • 性的なコンテンツ
  • 暴力的なコンテンツ
  • 名誉棄損または不愉快なコンテンツ
  • スパムや誤解を招く動画

動画を埋め込む

福島第一原発 増え続ける汚染水(一日400㌧)の現実
自動再生
<iframe frameborder="0" width="480" height="270" src="https://www.dailymotion.com/embed/video/xxwi7v" allowfullscreen allow="autoplay"></iframe>
上の埋め込みコードであなたのサイトに動画を追加します。