大阪生野 コリアタウン 人の息づかい、キムチと焼肉がかおる街

  • 12 年前
大阪市生野区。5人に1人が在日韓国朝鮮人といわれるコリアタウンを旅する。
コリアタウンならではのグルメ。「煙の名店」として知られる老舗の焼肉店や在日コリアンが代々受け継いできた驚異の豚肉料理を紹介。生野にコリアタウンが生まれた歴史も紐解きます。キムチ作りに一生をかけたハルモニ(おばあちゃん)。海を越え、子供たちや仲間たちに食べさせるためだけに働き続けた。そんなハルモニの“働く1日”に寄り添いました。海の向こうにある故郷の村の同窓会の様子も紹介。大阪の繁華街に今もいきづく村の絆に迫る。さらに、国籍を変更し、日本人となった若者が経験した葛藤や未来への願いも。人の息づかい、生きる姿がそのまま魅力となるコリアタウンのドキュメント。9つのエピソード。

煙の名店、焼肉屋「新楽井」(あらい)人が薫製されているかのようだ。ディープなコリアタウンがかおる。
豚は泣き声以外食べられる。蒸し豚、豚足、のし豚、頭、スエ(豚の血・そば粉の腸詰め)
コリアタウンで一番古いキムチ店、高田商店は6時に開店する。

お勧め