検索履歴をすべて削除しますか?

削除しない場合はキャンセルを選択してください

女子高生 世界初の発見 米科学雑誌も紹介

7 年前959 views

samthavasa

samthavasa

11月24日
ごく普通の女子高校生が、世界も驚く発見です。アメリカの科学雑誌にも紹介されました。発見は偶然から。しかしそれを突き詰めたのは、ひたむきな探究心でした。
 専門家は「高校生の論文掲載は世界的な快挙。今後は彼女らの実験結果を、プロの化学者が後追い研究することになるだろう」とたたえている。
 茨城県立水戸第二高の数理科学同好会に所属し、今春までに卒業した小沼瞳さん(19)ら5人で、2008年2月の金曜日、「BZ反応」という実験を行った。酸化と還元の反応を繰り返すことにより、水溶液の色が赤と青に交互に変わる。
 その日、水溶液の色は想定通り赤で動かなくなった。メンバーは器具を片付けないままカラオケへ。ところが月曜日に実験室に戻ると、液は黄色くなっていた。
 予想外のことで、観察を繰り返した結果、赤青の変化が一度止まった後、突然、始まった。全く知られていない現象だったが、試薬の条件が整えば、5~20時間後に変化が再開することを突き止めた。

動画を報告

問題を選択

動画を埋め込む

女子高生 世界初の発見 米科学雑誌も紹介
自動再生
<iframe frameborder="0" width="480" height="270" src="//www.dailymotion.com/embed/video/xmk97a" allowfullscreen allow="autoplay"></iframe>
上の埋め込みコードであなたのサイトに動画を追加します。