ビデオ:ウクライナの戦場に現れた奇妙な外見の戦車

  • 3 か月前


ウクライナで続く変わりゆく戦況の中で、ロシアはいくつかの主要な戦闘用戦車を倉庫から引き出し、現代の戦場の挑戦に立ち向かうために特異な特徴を追加してアップデートしました。

これらの戦車は、"Iron Mess"と呼ばれる金属製の保護シールドを装備しており、最近、ウクライナの自爆ドローンという増大する脅威に対して異例の光景を提供して行動を観測されました。

ウクライナの防衛者は、ビルサイズのドームのような巨大な金属製シールドを装飾したT-72戦車を目撃しました。この革新的なデザインは、乗員の視界と砲塔の回転能力を低下させますが、自爆ドローンという戦争で重要な脅威に対抗するためにロシアのエンジニアによって創り出された戦略的な防御手段です。

この戦争では多くの戦車や装甲車が両方の側から動員されていますが、直接的な戦闘は比較的まれで、多くの戦士が対戦車兵器、自爆ドローン、地雷の犠牲になっています。"Iron Mess"戦車の導入は、現代戦において適応性と低コストで効率的なイノベーションが新たな脅威に対抗するために必要であることを強調しています。

この紛争が続くにつれて、ロシアとウクライナの両方が戦略的な優位を求めて非伝統的な戦術や技術を探求する意欲を示しており、戦争の進化する性質と現代の脅威に対抗するためのイノベーションの重要性を示しています。

写真およびビデオ:Twitter @clashreportより再生 - 情報源:defence-ua.com - このコンテンツはAIの支援を受けて作成されました






お勧め