ウクライナの自爆ドローンがリペツクのノヴォリペツク製鉄所を攻撃

  • 4 か月前


ウクライナの自爆ドローンがロシアのリペツク市にあるノヴォリペツク製鉄所に対して成功した攻撃を行いました。

ソーシャルメディアに投稿されたビデオでは、ロシアの工場で大規模な爆発が確認できます。

この攻撃は、工場が前線から250km以上離れており、ロシアの首都モスクワから南へ約450kmの位置にあることを考えると、ウクライナが使用する戦術の顕著なエスカレーションを示しています。

ノヴォリペツク製鉄所はロシアの主要な産業コンプレックスの一つで、国の総鋼鉄生産の約18%を担っています。被害の実際の規模はまだ明らかになっていませんが、画像からは大規模な被害が予想されます。

その戦略的重要性は過小評価できず、ロシアの軍事努力において重要な役割を果たしています。

写真とビデオ:Twitter @front_ukrainian




お勧め