ドローンMQ-9の攻撃でヒズボラの指揮官が死亡する映像

  • 4 か月前


本日、CCTVの劇的な映像が公開され、米国空軍のMQ-9 "Reaper" ドローンがバグダッド中心部の賑やかな地域で行った攻撃の様子が示されています。

この攻撃は2月7日に行われ、カタイブ・ヒズボラの現場指揮官であるアブ・バキル・アル・サーディと、イラン支援のイラク軍に属する他の2人の高級将校の死につながりました。

公開された映像では、アメリカのドローンがAGM-114R9X ヘルファイアミサイルを発射し、アル・サーディが乗っていた車両を直撃する瞬間が捉えられています。このタイプのミサイルは、その精度と致命性で知られており、特定のターゲットを中立化するための重要な作戦で頻繁に使用されます。

指揮官アブ・バキル・アル・サーディは、イラン支援のイラクのグループで活動的な役割を果たしていたことで知られる人物で、彼の死はこの地域のこれらの勢力にとって重大な打撃を意味します。この事件は、中東における敵対的とみなされる影響を抑えるためのアメリカの継続的な努力を強調しています。

写真とビデオ:Titter @sentdefenderの転載