動画:トルコの企業がドローンに40mmグレネードランチャーを装備
  • 3 か月前


Asisguardが開発した武装ドローンSONGARは、Repkon Savunma Sistemleriの6連装回転式グレネードランチャーRDS40-MGLとの成功した統合を達成し、武装ドローンの能力の近代化に大きな一歩を踏み出しました。

SONGARはセキュリティオペレーションでの効果で知られており、Repkonのグレネードランチャーとの一連の統合テストを経て、フィールド展開中にグレネードランチャーとの完璧な統合を実証し、成功した発射テストでこれを証明しました。

Asisguardのバリシュ・デュズギュン総支配人は、SONGARの機能向上への企業の継続的なコミットメントを強調しました。「SONGARの能力を向上させるために、様々な種類の弾薬やペイロードをセキュリティフォースに配備した後に組み込むことに専念しています」とデュズギュン氏は述べています。彼はまた、顧客からの要望に応えて、夜間作戦を支援するための2軸ジンバルの開発についても言及しました。

Repkon Savunma Sistemleriのウグル・ジェム・グルピナール事業開発およびコーポレートコミュニケーションディレクターは、6連装回転式グレネードランチャーの背後にあるイノベーションを強調しました。彼は、これがクラスで最も軽く、フローフォーミング法による高品質な鋼材で製造され、バレルにライフリングが施されていることを明らかにしました。グルピナール氏は、2024年を通じて、これらの自動式グレネードランチャーが世界中のさまざまな空中、陸上、海上プラットフォームで目立つようになると予測しています。

SONGARとグレネードランチャーの統合は、防衛分野における重要な進歩であり、より効果的なターゲティングと強化された射撃能力を提供し、セキュリティオペレーションでの武装ドローンの使用に新しい地平を開きます。

写真・動画:Reprodução Twitter @GNC__CAPS__