ウクライナ国防省が公開した最近のビデオで、ロシアの自走砲Msta-Sがウクライナに西側から供給されたHIMARS(高機動ロケット砲システム)の攻撃によって破壊される衝撃的な瞬間が捉えられています。

  • 5 か月前
ウクライナ国防省が公開した最近のビデオで、ロシアの自走砲Msta-Sがウクライナに西側から供給されたHIMARS(高機動ロケット砲システム)の攻撃によって破壊される衝撃的な瞬間が捉えられています。

Msta-Sはウクライナの風景に紛れようと試みましたが、最終的にウクライナ軍によって発見され、攻撃されました。

この映像は、ウクライナ国防省が共有し、同国の特殊部隊に帰属するもので、ウクライナ南部のヘルソン地域を横切るドニエプル川の左岸、または東岸で撮影されたものです。

「ウクライナのHIMARSから逃げることはできない」とキエフは述べています。

アメリカ合衆国は、軍事援助パッケージの一環として、39台のHIMARSをウクライナに提供しました。キエフの当局は、2022年6月に戦争により荒廃した同国に到着して以来、HIMARSの影響を高く評価しています。

この短いクリップでは、Msta-Sが森林地帯を移動し、木々の下で停止する前に炎上する様子が映っています。このビデオは、空輸されたウクライナのドローンによって撮影されたようです。キエフは、HIMARSのような装備とともに、しばしばドローンを偵察や目標の捕捉に使用しています。

Msta-Sは公式に2S19「Msta-S」として知られており、1980年代にソビエト連邦で開発されました。その開発は、古いソビエトの自走砲システムの置き換えを目指していました。

Msta-Sは152mm砲を装備しており、従来の弾薬や誘導弾を含む幅広い弾薬を発射する能力を持っています。自動装填システムがあり、比較的高い射撃速度を可能にしています。

ビデオ:テレグラム t.me/ukr_sof より再生


お勧め