自走式 155mm クラブ榴弾砲

  • 7 か月前
クラブ自走榴弾砲は、ポーランドで開発・製造された先進的な砲兵システムです。この砲兵システムは、移動性と自走能力を大口径の榴弾砲の火力と組み合わせています。

クラブ自走榴弾砲に関する重要なポイントは以下の通りです:

起源と開発

クラブはポーランド発のもので、主にフタ・スタロワ・ヴォラ(HSW)がBAEシステムズなどの協力者と共に開発しました。現代の砲兵システムを創り出し、ポーランド軍の要求を満たすことが目標でした。

主要コンポーネント

クラブは、PT-91 トワルディ戦車の改良型シャーシと、イギリスのAS-90 砲をバリエーションした155mm砲を搭載した砲塔を組み合わせています。

火力能力

クラブの155mm砲は、ロケット支援弾薬を使用して約40キロメートルの最大射程を持ち、NATO標準の砲弾から精密誘導弾までを発射可能です。

機動性

戦車のシャーシに搭載されたクラブは、戦場での優れた機動性を持ち、迅速に移動し、敵の砲火を避けるために位置を変更することができます。

運用展開

クラブは現代の軍事作戦の要求に応えるよう設計されており、複合兵器部隊に長距離かつ高精度の火力支援を提供します。

写真およびビデオ:公開資料





お勧め