検索
ライブラリ
ログイン
フルスクリーンで見る
2 年前|30K回視聴

2009 Mr. Brain(脑神探) 第1集(1) 【中文字幕】(木村拓哉 綾瀬はるか 香川照之 平泉成 )

怀旧日剧 懐かしいドラマ
第1集(2):https://dai.ly/x7bkv8v
第2集:https://dai.ly/x7bkv8u
第3集:https://dai.ly/x7bkv8t
第4集:https://dai.ly/x7bmt2e
第5集:https://dai.ly/x7bmt2d
第6集:
第7集:
第8集:

不慮の事故が原因で右脳が発達した、警察庁科学警察研究所(IPS)[2]に所属する元ホストの脳科学者・九十九龍介(つくも りゅうすけ)が、脳科学者としての類いまれな才能と彼独自の脳科学的アプローチによって難事件を解決していく本格ミステリー。

作品の性質上、脳科学に関する情報が語られることもあり、また九十九が脳に関する説明をする際は、登場人物がデフォルメされたアニメーションが挿入されるのも特徴である。内容で語られている脳についての解説やそれに伴う症状の描かれ方などには、偏りや誤り、仮説に過ぎないとされている物などがあり、実例とは必ずしも一致するものではない(ともすれば視聴者に対し、精神性疾患当事者への偏見を助長する媒体になりかねない)。

『MR.BRAIN』の放送期間、木村拓哉が爆笑問題とともに前番組のキズナ食堂のエンディング部分に出演し、最後に「真実が知りたい方はこの後、チャンネルはそのまま『MR.BRAIN』は60秒後」と言ってコマーシャルに移行する。なお、この手法は、『MR.BRAIN』最終話の放送日(7月11日)でも行われ、木村拓哉を前に太田が最終回を3つ予想したが、その中の1つは見事に正解だったため、放送時には太田の正解にモザイクがかけられていた。

神田純一役の設楽統が、夏目光男役を演じる田中裕二がパーソナリティを務めるTBSラジオの番組『JUNK爆笑問題カーボーイ』(2009年6月9日放送回)にゲスト出演した際に、田中の相方である太田光に「(ドラマの中で)『JUNK』リスナーにわかるようにサインくださいよ」と提案される。ドラマの6月20日放送回(EPISODE 5)において設楽は右足を上げて両手を広げおどけるポーズ、田中は人差し指と親指で作った輪を両目に持ってきた直後に、両手の人差し指を前方に差し出すポーズを見せた。いずれも太田がよくバラエティ番組で見せているポーズである[3]。

イギリスの日本語衛星放送Japan Satellite TVでも2010年1月26日から放送された。

このドラマで科学警察研究所の外観として使われているのは神田外語大学の7号館である。 JR東日本企画のロケーションサービスによって、上野駅16、17番線ホームが撮影に利用された

他の動画を閲覧

他の動画を閲覧