検索履歴をすべて削除しますか?

削除しない場合はキャンセルを選択してください

フルスクリーンで見る

革命家チェ・ゲバラ ヒロシマ訪問秘話20090123housute

お散歩
2 年前|171 視聴
↓雑談日記関連エントリと関連記事。

2006年3月20日 (月)
キューバについてちょっと勉強して見ませんか。(WBCキューバ戦を機会に思ったこと。)
http://soba.txt-nifty.com/zatudan/2006/03/post_75bd.html


ゲバラ:被爆地・広島を夜行列車でゲリラ的訪問 訪日時
http://mainichi.jp/select/wadai/news/20071009k0000e040018000c.html
https://web.archive.org/web/20071011042142/http://mainichi.jp/select/wadai/news/20071009k0000e040018000c.html

http://mainichi.jp/select/wadai/news/images/20071009k0000e030023000p_size5.jpg
画像
59年1月の革命後に撮影された写真を見せるオマル・フェルナンデスさん。チェ・ゲバラ(右)と当時ヒゲをはやしていたフェルナンデスさんが一緒に写っている=ハバナ市内で、庭田学撮影

 【サンタクララ(キューバ中部)庭田学】キューバ革命の英雄チェ・ゲバラが訪日団の団長として59年に来日し、広島をゲリラ的に訪問した際、副団長と2人で大阪から夜行列車に飛び乗ったことが9日、分かった。副団長だったオマル・フェルナンデスさん(76)が明らかにした。フェルナンデスさんは「チェは被爆地・広島訪問を熱望し、私と2人で大阪のホテルをこっそり抜け出し、夜行列車で広島に行ったんだ」と振り返った。

 ゲバラは59年1月の革命後、同年6月から3カ月間、アジア・アフリカを歴訪した。訪日団長が当時31歳のゲバラで、副団長を2歳年下のフェルナンデスさんが務めた。7月中旬に来日、10日間滞在し、自動車工場などを視察した。

 フェルナンデスさんによると、アルゼンチン出身の医師であるゲバラは、予定になかった広島の被爆地訪問を強く希望したが、日本政府の許可が出なかったという。業を煮やしたゲバラは大阪のホテルに滞在中、「ホテルを抜け出して広島に行くぞ」と決断。オリーブグリーンの軍服姿で大阪駅で切符を買い2人で夜行列車に飛び乗った。

 「被爆者が入院する病院など広島のさまざまな場所を案内され、私同様、チェも本当にショックを受けていた」とフェルナンデスさん。帰国報告の際にゲバラは、フィデル・カストロ国家評議会議長(当時は首相)に「日本に行く機会があれば、必ず広島に行くべきだよ」と強く勧めたという。カストロ議長は03年3月に広島を訪問。フェルナンデスさんは「フィデルはチェとの約束を守ってくれた」と感激した。

 フェルナンデスさんがゲバラに初めて会ったのは59年1月の革命直後。「外国人としてキューバ革命に参加したチェを私は知り合う前から尊敬していた」と話す。ゲバラが工業相を務めたときには、フェルナンデスさんが副工業相の一人に任命されるなど信頼を得た。しかし、ゲバラが39歳で命を落としたボリビアでのゲリラ闘争には誘われなかった。「一緒にボリビアに行けなかったのが少し悔しい」。フェルナンデスさんは寂しそうな顔をした。

毎日新聞 2007年10月9日 10時42分 (最終更新時間 10月9日 13時09分)