Do you want to remove all your recent searches?

All recent searches will be deleted

Watch fullscreen

軍師官兵衛 #6

軍師官兵衛
小田原、1590年7月豊臣秀吉の軍隊は小田原城を3ヶ月以上囲んでおり、この最後の障害を克服して統一を夢見ていた。城の門に立って、脅かされる警備員に面する孤独な男は「あなたの命を捨てないでください。後で、城門が開き、支配する主が降伏した。その男の名前は黒田カンビです。優れた軍事ストラテジスト、彼は国を統一するために秀吉と協力して仕事をした。

Kanbeiの家族はHarimaに逃げていて、比較的貧しかった。神田正人の保護者として、神父は非常に信頼され、主権によって信頼されました。カンベイは22歳で黒田氏の頭になった。マサモトは高齢化しており、誰かが責任を引き継ぐことを大変望んでいたので、彼は親愛なる娘のテルとカンベイとの結婚を決意しました。彼らは息子に恵まれましたが、何年も経ってからテルが二番目の子供を育てることができなかったので、神父は彼の護衛の幼子を "黒田の戦士"

カンベイが30歳になると、革命的な若い君主がゆっくりと統一された日本を目指して、さまざまな幕屋に包囲されていた。播磨は織田とテルモトとの衝突があった場所になった。カンベイは大田の統一計画に非常に惹きつけられ、岐阜城に行って彼と出会いました。そこでは、豊臣秀吉と知り合い、すぐに秀吉の右手になり、ガンシ・カンベイの誕生を記した。