検索履歴をすべて削除しますか?

削除しない場合はキャンセルを選択してください

#NHKスペシャル|司会:タモリ「驚異の小宇宙 人体Ⅰ」第5集 なめらかな連係プレー 骨・筋肉

3 年前10K views

dialymotionjapan

diarymotion

NHKスペシャル|司会:タモリ「驚異の小宇宙 人体Ⅰ」第5集 なめらかな連係プレー 骨・筋肉






















『NHKスペシャル』(エヌエイチケイスペシャル)は、NHKのドキュメンタリー番組。略称は「Nスペ」。単発のドキュメンタリーを制作・放送していたNHK特集に代わり、1989年4月2日放送開始。原則、毎週日曜日の21:00 - 21:50に放送するが時間枠を拡大したり他の曜日・時間に放送することもある。再放送は、火曜・水曜深夜。多くはハイビジョン放送である。

「NHK特集」時代[編集]
明治の群像 海に火輪を(1976年)
日本の戦後(1977年 - 1978年)
シルクロード(第1部:1980年、第2部:1983年 - 1984年) 音楽:喜多郎
21世紀は警告する[8](1984年 - 1985年) 初めてCGキャラクターが進行役を務める。
人間は何を食べてきたか(1985年 - 1994年)[9]
ルーブル美術館(1985年 - 1986年)
大黄河(1986年) 音楽:宗次郎
地球大紀行(1987年) 音楽:吉川洋一郎
海のシルクロード(1988年 - 1989年) 音楽:S.E.N.S.
激動の記録
「NHKスペシャル」時代[編集]
1989年・1990年代[編集]
1989年
驚異の小宇宙 人体 音楽:久石譲
スピルバーグとルーカス 映像の革命児
シリーズ21世紀・原子力を問う
太郎の国の物語[10] 演出:吉田直哉
1990年
社会主義の20世紀
銀河宇宙オデッセイ 音楽:HARU(高内春彦)
大英博物館 音楽:大島ミチル
第2次交通戦争・なぜ日本で死者が減らないのか(4月14日)
緊急・土地改革 地価は下げられる(10月10日 - 14日)
1991年
電子立国日本の自叙伝
マルチェロ・マストロヤンニのフィレンツェルネサンス音楽 音楽:菅野由弘
アインシュタインロマン 音楽:篠原敬介
FASHION DREAM 音楽:岩代太郎
1992年
人間は何を食べてきたか 海と川の狩人たち
ナノ・スペース 超ミクロ宇宙への旅 音楽:坂田明
プラド美術館
大モンゴル 音楽:冨田勲
コロンブス 大航海の時代
海・大紀行
ザ・スペースエイジ 宇宙への挑戦(1992年 - 1993年)
ドキュメント太平洋戦争(1992年 - 1993年)
1993年
驚異の小宇宙 人体II 脳と心 音楽:久石譲
チベット死者の書 音楽:本多俊之
テクノパワー〜知られざる建設技術の世界 音楽:千住明
1994年
中国〜12億人の改革開放 音楽:菅野よう子
生命40億年はるかな旅 音楽:大島ミチル
始皇帝(THE FIRST EMPEROR)
1995年
映像の世紀(1995年 - 1996年) 音楽:加古隆
新・電子立国(1995年 - 1996年)
戦後50年 その時日本は(1995年 - 1996年)
1996年
故宮 〜至宝が語る中華五千年〜 音楽:S.E.N.S.
1997年
街道をゆく 音楽:冨田勲
故宮の至宝 音楽:S.E.N.S.
家族の肖像(1997年 - 1998年)
1998年
マネー革命
海・知られざる世界 音楽:岩代太郎
ブッダ 大いなる旅路 音楽:中村幸代
1999年
世紀を越えて(1999年 - 2000年) 音楽:アディエマス・本多俊之・千住明・coba
驚異の小宇宙 人体III 遺伝子 音楽:久石譲
2000年代[編集]
2000年
四大文明 音楽:喜多郎
2001年
21世紀・日本の課題(2001年 - 2004年、のちの『日本の、これから』)
宇宙 未知への大紀行
日本人 はるかな旅 音楽:吉田潔
アフリカ 21世紀
アジア古都物語
2002年
変革の世紀 音楽:坂本龍一
地球市場・富の攻防(2002年 - 2003年) 音楽:加古隆
こども・輝けいのち
2003年
文明の道 音楽:羽毛田丈史
2004年
データマップ 63億人の地図
ローマ帝国 音楽:渡辺俊之
地球大進化〜46億年・人類への旅(全6回) 音楽:土井宏紀
21世紀の潮流(2004年 - )
2005年
日本の群像・再起への20年
新・シルクロード
明治(全4回) 音楽:本多俊之
2006年
同時3点ドキュメント 音楽:Infinix
ドキュメント北朝鮮
プラネットアース(2006年 - 2007年) 音楽:ジョージ・フェントン
危機と闘う テクノクライシス(全3回)
ラストメッセージ(2006年 - 2007年)
2007年
新・シルクロード 激動の大地をゆく テーマ音楽:ヨーヨー・マ
激流中国(2007年 - 2008年)
失われた文明 インカ・マヤ 音楽:羽毛田丈史
にっぽん家族の肖像(7回)
世界里山紀行 音楽:梶浦由記
2008年
闘うリハビリ
北極大変動(2回)
病の起源(4月 - 11月、全6回) 音楽:羽毛田丈史
ミラクルボディー(2008年、2010年、2012年)
沸騰都市(2008年 - 2009年) 音楽:川井憲次
2009年
エジプト発掘 音楽:池頼広
揺れる大国 プーチンのロシア(全4回)
マネー資本主義 音楽:細野晴臣
インドの衝撃
JAPANデビュー
日本海軍 400時間の証言(全3回)
チャイナパワー(全3回)
2010年代[編集]
2010年
MEGAQUAKE 巨大地震(1月 - 3月、全4回) 音楽:菅野祐悟
アフリカンドリーム(4 - 6月、全3回) 音楽:羽毛田丈史
日本と朝鮮半島[11](4 - 8月、全5回)
ポスト恐竜 6500万年の戦い(7 - 8月、全2回)
灼熱アジア(8 - 9月、全4回) 音楽:川井憲次
日本列島 奇跡の大自然(10月、全2回) 音楽:高見優、横山克
出典は平成22年度 国内放送番組 編成計画(PDFファイル)による。
2011年
日本人はなぜ戦争へと向かったのか(1 - 3月、全4回) 音楽:加古隆
ホットスポット 最後の楽園(1 - 6月、プロローグ含め全7回) 音楽:佐藤直紀
東日本大震災(3月 - ) NHKワールド・プレミアムではこのシリーズのみノンスクランブル放送を実施。
検証・原発危機(2011年6月 - )
未解決事件(7月29日・30日、全2回) テーマ曲:おおたか静流、音楽:川井憲次
日本新生(8月 - 毎月1回放送) 『日本の、これから』の後継番組
2012年
ヒューマン なぜ人間になれたのか(1月 - 2月、全4回)
未解決事件(5月26日・27日、全2回) テーマ曲:おおたか静流、音楽:川井憲次
MEGAQUAKEII 巨大地震(4月 - 6月、全3回) 音楽:菅野祐悟
宇宙の渚(4月 - 6月、全3回) テーマ曲:アンジェラ・アキ、音楽:羽毛田丈史
知られざる大英博物館(6月 - 7月、全3回) 音楽:岩代太郎
ミラクルボディー(7月14日 - 16日、全3回)
フローズンプラネット(8月、全2回)
中国文明の謎(10月 - 12月、全3回) 音楽:松谷卓
メイド・イン・ジャパン 逆襲のシナリオ(10月27日・28日、全2回)
2013年
激動イスラム(2月23日・24日、全2回)
MEGAQUAKEIII 巨大地震(4月 - 9月、全4回) 音楽:菅野祐悟
メイド・イン・ジャパン 逆襲のシナリオII(5月11日・12日、全2回)
未解決事件(6月9日) テーマ曲:おおたか静流、音楽:川井憲次
病の起源(5月 - 10月、プロローグ含め全5回) 音楽:羽毛田丈史
深海の巨大生物(7月27日・28日、全2回) 音楽:久石譲
神の数式(9月21日・22日、全2回)
中国激動(10月6日・13日、全2回)
認知症800万人時代(11月23日・24日、全2回)
2014年
遷宮(1月1日・2日・4日、全3回)
ジャパン ブランド(1月11日・12日、11月8日・9日、全4回)
金メダルへの挑戦(1月26日・2月1日・2日、全3回) 音楽:やまだ豊
廃炉への道(4月20日・25日、全2回)
エネルギーの奔流(5月24日・25日、全2回)
ミラクルボディー サッカー・FIFAワールドカップ(6月1日・8日、全2回)
故宮(6月28日・29日、全2回)
巨大災害 MEGA DISASTER 地球大変動の衝撃(8月 - 11月、全5回) 音楽:和田貴史
ホットスポット 最後の楽園 season2(10月 - 2015年3月、プロローグ含め全7回)
2015年
NEXT WORLD 私たちの未来(1月 - 2月、全5回) テーマ曲:サカナクション
阪神・淡路大震災20年(1月17日・18日、全2回)
未解決事件(3月20日・22日、全2回) テーマ曲:おおたか静流、音楽:川井憲次
戦後70年 ニッポンの肖像(1月 - 8月、全10回) 音楽:得田真裕
生命大躍進(5月 - 7月、全3回) 音楽:横山克
巨大災害 MEGA DISASTER II(9月 - 10月) 音楽:和田貴史
アジア巨大遺跡(10月 - 11月) レポーター:杏
今後の予定[編集]
新・映像の世紀(2015年10月 - ) 音楽:加古隆
記念日放送[編集]
定時放送以外にもテーマに応じて不定期で編成をする他、毎年ある特定の日にも、その日にちなんだテーマを色々な切り口で取りあげる。その時の編成の都合も考慮し、放送時間・放送日が異なる事もある。
1月1日 - 元旦、今後の見通しについての討論など
1月17日 - 阪神・淡路大震災(兵庫県南部地震)
3月11日とその前の数日間 - 東日本大震災(東北地方太平洋沖地震)
8月6日 - 広島市への原子爆弾投下
8月9日 - 長崎市への原子爆弾投下
8月15日 - 終戦の日
9月1日 - 防災の日
東日本大震災関連[編集]
詳細は「東日本大震災を扱ったNHKスペシャル」を参照
2011年3月11日に発生した東日本大震災に関して、直後の3月13日から、被害状況や復興の道筋について随時取り上げた。1周年となる2012年は、3月3日から11日にかけて連日放送を行った。その後の年も3月11日を挟んで福島第一原子力発電所事故や、地震についてその後分かった知見、復興について取り上げる複数の番組を放送している。
その他[編集]
2011年9月9日 - 「緊急報告 記録的豪雨の衝撃」(総合テレビ、NHKワールド・プレミアム同時放送。総合テレビはリアルタイム字幕放送を実施。NHKワールド・プレミアムではノンスクランブル放送を実施)
多数の死者・行方不明者を出した台風12号の記録的豪雨の被害を受けて急遽制作された。キャスターは森本健成(アナウンサー)、コメンテーターは山崎登(解説委員)が担当。
2013年1月13日 - 「世界初撮影! 深海の超巨大イカ」(NHK・NHKエンタープライズ・ディスカバリーチャンネルの共同制作) 音楽:久石譲
同年1月6日、世界初となるダイオウイカの生きている姿の撮影に成功した。その葛藤と撮影成功までの道のりまでを放送。16.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)の高視聴率を記録した。この放送後、反響が非常に大きかったため、同年5月2日にも再放送を実施。また、シリーズ「深海の巨大生物」の放送や映画化へと繋がってゆく。
2014年
5月11日 - 「”認知症800万人”時代 行方不明者1万人〜知られざる徘徊の実態〜」
この回では認知症による徘徊症状のために行方不明になった人や認知症との向き合い方などに関しての放送を行った。その中で、群馬県館林市の館林駅前で2007年に保護されるも認知症のために自分が伝えた氏名と衣服に書いてあった氏名が食い違い、身元不明のまま館林市内の介護施設に保護されている女性について取り上げたところ、この番組を視聴した人物から情報が寄せられ、元ニッポン放送の柳田三重子アナウンサーと判明。放送の翌日、7年ぶりに夫との対面を果たした[12][13]。第62回菊池寛賞受賞。

動画を報告

問題を選択

動画を埋め込む

#NHKスペシャル|司会:タモリ「驚異の小宇宙 人体Ⅰ」第5集 なめらかな連係プレー 骨・筋肉
自動再生
<iframe frameborder="0" width="480" height="270" src="//www.dailymotion.com/embed/video/x3glqp5" allowfullscreen allow="autoplay"></iframe>
上の埋め込みコードであなたのサイトに動画を追加します。