検索履歴をすべて削除しますか?

削除しない場合はキャンセルを選択してください

レッド・バロン(Der rote Baron)予告編

3 年前53 views

crazyhis

歴史系映画

allcinema
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=339322

IMDb
http://www.imdb.com/title/tt0365675/

2008年 ドイツ映画 106分 日本語版あり

第一次世界大戦のトップエース、リヒトホーフェンの最後の1年間を描いた作品。
登場人物はほとんど実在の人物だけど、ストーリーは実際と大きく異なる模様。
大まかな流れは戦争をゲームなどと考えてる若い士官が従軍看護婦の導きで戦争は残酷なものだと目覚めさせられていくって感じ。
リヒトホーフェンが地上戦を知らない怖いもの知らずのパイロットとして描かれてる。
実際にはリヒトホーフェンは最初の何ヶ月かは騎兵師団に所属して主に先遣偵察の任を帯びて、幾度も敵の銃火に身を晒してるし、フランスの待ち伏せで多くの部下を失った経験もある。
映画にあるように地上の戦いを知らない士官じゃない。
映画だと軽薄な人物に描かれてる気がするけど、実際はすごくまじめで研究熱心だ。研究熱心なところは映画では何も描かれてない。
リヒトホーフェンの乗っていた機体の種類についても無頓着に描かれてる気がした。
他にリヒトホーフェンの部隊の人はある時期からみんな赤い機体に乗るようになったんだけどこのあたりもない。
戦闘シーンはCGを使って結構派手に描かれてる。
夜間爆撃機を迎撃するシーンや観測気球と戦い場面なんか結構すごい。
だけど出てくる飛行機の数が不自然に多いし、当時はあまり起こらなかった空中分解とか爆発シーンが多い気がした。

参考文献
撃墜王 リヒトホーフェン ISBN-10: 4257170549

動画を報告

問題を選択

動画を埋め込む

レッド・バロン(Der rote Baron)予告編
自動再生
<iframe frameborder="0" width="480" height="270" src="//www.dailymotion.com/embed/video/x2xi547" allowfullscreen allow="autoplay"></iframe>
上の埋め込みコードであなたのサイトに動画を追加します。