検索履歴をすべて削除しますか?

削除しない場合はキャンセルを選択してください

大阪地検特捜部による捜査資料改ざん事件

3 年前16 views

kiiroisakuranbo

bv98gtrewMNBH

検察改革の「出発点」となった大阪地検特捜部による捜査資料改ざん事件の裁判は、わずか2回の審理が行われただけで、初公判から1カ月で幕引きとなった。事件は検察の看板である特捜部の捜査過程で起きた。主任検事だった前田恒彦被告が、郵便料金不正事件に村木厚子・元厚生労働省局長=無罪確定=が関与しているとの筋書きに合うよう、押収したフロッピーディスクの日付を書き­換え、証拠隠滅罪に問われた。法と証拠にしたがい刑事責任を追及する検察官が証拠物に手を加える。大阪地裁の判決が指摘した通り、まさに「我が国の刑事裁判史上例を見ない犯罪」「刑事司法の根幹をも破壊しかねない所業」というほかない。懲役1年6月という実刑判決は当然のことだろう。

動画を報告

問題を選択

動画を埋め込む

大阪地検特捜部による捜査資料改ざん事件
自動再生
<iframe frameborder="0" width="480" height="270" src="//www.dailymotion.com/embed/video/x2likbw" allowfullscreen allow="autoplay"></iframe>
上の埋め込みコードであなたのサイトに動画を追加します。