検索履歴をすべて削除しますか?

削除しない場合はキャンセルを選択してください

フルスクリーンで見る

「日本史の中の沖縄史」② 沖縄対策本部 第6回連続セミナー 仲村覚 2014.7.9

沖縄対策本部 第6回連続セミナー
「日本史の中の沖縄史」2014.7.9
講師:仲村覚(沖縄対策本部代表)
<要点>
・反日勢力は沖縄の歴史を日本民族の分断工作に利用している。
・日本民族の未来のためには、沖縄の歴史と日本の歴史を統合しなければならない。
・豊臣秀吉の朝鮮出兵は、明治維新の対ロシア戦略と同じく、対スペイン戦略であり日本を守った。
・江戸幕府の鎖国の目的はキリスト教による日本侵略からの防衛だった。
・琉球大交易時代は、明の冊封体制に依存した、西洋のアジア進出でその地位を急速に失って衰退した。
・沖縄は日本と運命共同体であり、日本が侵略の危機にあるときに一体化して乗り切ってきた。

他の動画を閲覧