検索履歴をすべて削除しますか?

削除しない場合はキャンセルを選択してください

ムッソリーニ~愛と闘争の日々(Mussolini: The Untold Story) あらすじまとめ

5 年前944 views

crazyhis

歴史系映画

allcinema
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=23154

IMDb
http://www.imdb.com/title/tt0088579/

1985年 アメリカ 410分 昔、日本語字幕版があった

日本語版の前回のあらすじと、予告。ビデオから無理やり落としたから画質は悪い。
1922年にムッソリーニがローマ進軍で権力を奪取してから1945年に死ぬまでを描いたテレビドラマ。
ムッソリーニと家族や愛人との話が中心でそれ以外は省略されてる。
1巻は娘のエダと夫のチアノの話が中心、そのおまけに政治的な話が付いてくる感じ。
政治の話で中心に来るのは政敵のマッテオッティ暗殺事件。実際にはこの事件でムッソリーニは政治的に窮地に陥ったそうだ。
2巻は長男ヴィトリオの恋、次男のブルーノの死、クラレッタとの出会いで、エチオピア戦争やヒトラーとの会談などがおまけって感じ。
リビアの反乱の話はチラッと出てくるけどスペイン内戦の話はない。
3巻は第二次世界大戦の話。ドイツ勝利の熱に浮かされたムッソリーニが暴走して戦争へ突入って感じで描かれてる。
ムッソリーニの暴走でヒトラーはカンカン、家族は苦悩の連続。
後半は敗色濃厚になりムッソリーニの人気は凋落、家族の苦悩は増して、大評議会で娘婿のチアノにまで裏切られてムッソリーニ失脚。
ムッソリーニ失脚で民衆の怒りが爆発、その影響が家族に及び家族の苦悩と苦難がいや増しになる。それでムッソリーニは逮捕されて幽閉。
4巻はムッソリーニ救出作戦で始まり、ムッソリーニの処刑で終わる。
政治的にはサロ政権の話が中心になるけど、ドラマでは裏切った娘婿のチアノに関わる話が中心になっている感じだ。
戦況とか政治状況を描いたシーンは少ない。戦闘シーンなどはほとんどない。家庭内での会話が中心。
あくまでムッソリーニとその家族の様子を描いたドラマってつくりになっている。

参考文献
ムッソリーニ―一イタリア人の物語 ISBN-10: 412003089X
ムッソリーニの時代 ISBN-10: 4163415203
黒シャツの独裁者―統領ムソリーニ ASIN: B000J9FK4S

動画を報告

問題を選択

動画を埋め込む

ムッソリーニ~愛と闘争の日々(Mussolini: The Untold Story) あらすじまとめ
自動再生
<iframe frameborder="0" width="480" height="270" src="//www.dailymotion.com/embed/video/xz9hzr" allowfullscreen allow="autoplay"></iframe>
上の埋め込みコードであなたのサイトに動画を追加します。