外国為替:1月の米消費者物価指数(CPI)は横ばい

NYFP

by NYFP

97
7 views
  • About
  • Export
  • Add to
今日の外国為替市場では、改善の見られなかったユーロ圏総合景気指数を受けて、欧州中央銀行が向こう数ヶ月で利下げに踏み切るとの見方が広がり、一時ユーロは対ドルで6週間ぶりの最安値まで下落しました。引き続き、ドルはユーロに対して上値で推移する一方で、安全通貨とされる円に対しては下落しています。

0 comments