ノーベル賞・山中伸弥iPS細胞”革命”

新しい動画プレーヤーを試す
samthavasa

samthavasa より

1.4K
1 069 件の視聴
  • 情報
  • エクスポート
  • 次に追加
2012年10月21日(日) 今月8日、ノーベル医学・生理学賞受賞が決まった京都大学・山中伸弥教授。生命科学の常識を覆し、体のさまざまな組織や臓器になるとされる「iPS細胞」を開発してからわずか6年という異例の速さでの受賞。挫折と失敗を繰り返しながら研究を続けてきた山中教授。ノーベル賞への知られざる舞台裏、iPS細胞による“医療革命”、生命科学に衝撃をもたらしたiPS細胞の全貌についてロングインタビューとともに伝える。

0 件のコメント