トモダチ作戦で被ばく、米兵らが東電を提訴

新しい動画プレーヤーを試す
samthavasa

samthavasa より

1.3K
224 件の視聴
  • 情報
  • エクスポート
  • 次に追加
 東日本大震災のあと「トモダチ作戦」に参加したアメリカ軍の空母の乗組員らが、「原発事故によって被曝し、がんのリスクが高まった」などとして東京電力に対し、総額189億円にのぼる損害賠償などを求める訴えを起こしました。
 原告となっているのは原子力空母「ロナルド・レーガン」の乗組員8人と、当時お腹の中にいた子どもの合わせて9人です。乗組員らは「トモダチ作戦」で東北沖に派遣され、支援活動のヘリコプターなどが発着する甲板で作業をしていました。
 今月21日にカリフォルニア州サンディエゴの連邦地裁に提出された訴状によりますと、東京電力が、原発事故による放射性物質の危険性などについて誤った情報をアメリカ政府に伝えたため被曝し、ガンのリスクが高まったなどとして、1人当たり1000万ドルの損害賠償に加え、再発防止のための懲罰的賠償3000万ドルを求めています。
 さらに将来の医療費などのため1億ドルの基金の創設を求めていて、あわせると2億2000万ドル、日本円にして189億円に上ります。これについて東京電力は「訴状を見ていないのでコメントできない」としています。(28日11:24)

0 件のコメント