クロサワの『野良犬』における対位法

Kazuo Ito

Kazuo Ito より

1
1 210 件の視聴
  • 情報
  • エクスポート
  • 次に追加
クロサワの『野良犬』における対位法です。
Counterpoint using image of flower garden and peaceful music on "Stray Dog" (1949) By Akira Kurosawa.
Blog Post:黒澤明「野良犬」キューブリック「時計じかけのオレンジ」でみる映画の対位法 動画付 | だから、映画を観るのはやめられない http://j.mp/UxAHAu

映画における対位法: 音楽における対位法は全くわからないのですが、映画の中の対位法とは、相反する、逆のイメージのものを組み合わせて、そのシーンを印象深いものにすることです。

黒澤は、この対位法に随分、興味があったようですが、この『野良犬』において、ラストの犯人と三船敏郎演ずる刑事役との対決シーンの場を、お花畑に設定し、優美なピアノ曲と子供達の牧歌的な歌声を背景において、このラストシーンを印象深いものにしています。

何の映画か忘れてしまいましたが、おそらく『酔いどれ天使』での三船の強烈なヤクザ役が、大衆に印象づけられてしまったことを、黒澤明監督は、気にしており、この『野良犬』では、あえて刑事役と配しました。
それも、隠れたもう一つの対位法といえるかも知れません。

0 件のコメント