京都・祇園祭、山鉾巡行で最高潮に

samthavasa

samthavasa より

1K
116 件の視聴
  • 情報
  • エクスポート
  • 次に追加
 京都の祇園祭は17日がクライマックス。都大路を練り歩く山鉾巡行が行われました。
 17日午前9時20分ごろ、神の遣いとされる、お稚児さんによる「しめ縄切り」を合図に、長刀鉾が先頭を切って、ゆっくりと動き出しました。
 32基の山や鉾が華やかに都大路を彩り、祇園囃子を奏でながら、ゆったりと進んでいきます。重さ10トンを超えるものもある山や鉾。最大の見せ場は、交差点で90度方向転換を行う“辻回し”です。
 17日の京都市内の予想最高気温は36度。猛暑の中、沿道にはおよそ13万人が詰めかけ、迫力ある巡行に見入っていました。(17日13:09)

0 件のコメント