【東日本大震災】南三陸町 特別擁護老人ホーム慈恵園の被害(翻訳付)

新しい動画プレーヤーを試す
mikel311a

mikel311a より

2
2 300 件の視聴
  • 情報
  • エクスポート
  • 次に追加
【東日本大震災】南三陸町 特別擁護老人ホーム慈恵園の被害
http://www.youtube.com/watch?v=B61Q6MUjcDE
の翻訳版です。南三陸町の志津川小学校、志津川高校、志津川中学校からの津波の
様子も時系列に紹介しています。

宮城県南三陸町志津川の特別養護老人ホーム「慈恵園」は、志津川の中心部を一望できる高台にある。棟続きの町社会福祉協議会の施設は、津波など災害時の指定避難場所でもあった。南隣のさらに高い場所にある志津川高に高齢者を避難させようとしているさなか、大津波は車いすを押す職員と、まだ入所者らが残っていたホームに襲い掛かった。入所者とショートステイ利用者計67人のうち46人が死亡、2人が行方不明になり、職員も1人が亡くなった。(河北新報より抜粋)

健吾さんは事務、妻の奈保子さんはデイサービスセンターの介護職員として勤務。職場で出会った2人は1997年に結婚した。震災当日、健吾さんは、町を破壊しながら押し寄せる波を見た。慈恵園の入所者68人はほとんどが寝たきりだ。助けられたのは約20人。無我夢中で、施設が津波にのまれるところは見ていない。

地震の後、慈恵園の前で毛布を手に、お年寄りの間を歩いていた奈保子さんがいないと気付いたのは日が暮れたころ。3日後、がれきの中から遺体が見つかった。泥まみれになった健吾さんのかばんの中から、奈保子さんの手紙が出てきた。数年前、夫婦げんかをした後にもらったものだ。かばんにしまい、そのまま忘れていた。

奈保子さんの手紙には、 「パパ、大好きよ。子供たちのたくましいパパでいてね」と書いてあった。(産経ニュース)

【河北新報ニュース】
http://www.kahoku.co.jp/spe/spe_sys1072/20110606_01.htm
【産経ニュース】
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110424/dst11042410370008-n1.htm

0 件のコメント