最近検索した語句をすべて削除しますか?

最近の検索履歴が全て削除されます

「京寿司」食べとくれやす

7 年前201 views

samthavasa

samthavasa

 回転寿司などに押されて店舗数が減り続けている京都の寿司組合が、人気回復を図ろうと関西で活躍するライターなどを招いて、試食会を開きました。
 試食会が行われたのは京都にある平安女学院の学園祭。
 口コミ効果を狙って関西で活躍するライターやブロガーなどおよそ20人を招待しました。
 京都寿司組合によると、2001年には府内に295店あった加盟店舗が今ではおよそ半分の162店にまで減少。
 敷居が高いというイメージをなんとか変えようと、ホームページを一新し代表的な京寿司のキャラクターも作りました。
 今回、試食会に出されたのは伝統のサバ寿司に加え、細工が施された京都らしい繊細なお寿司。
 組合員がイベントのために考えたオリジナルです。
「最近、若い人の寿司屋離れがひどく、組合も辞めていく人が多く、これではいかんと。たいへんですね。」(京都寿司組合理事長・北倉弘款さん)
 「回転ずしが絶対に出せない味を提供できる。とにかく一度食べに来てほしい」と理事長は話します。
 試食会での評判はというと?
「おいしかったです。一口で食べられるサイズがいい」(FMラジオDJ)
「文化としての京寿司というのがあるのを初めて知った」(ブロガー)
「お店にも行ってみたい」(雑誌ライター)
 「京のちとせずし」は11月14日、京都の寿司組合に加盟する20店舗で販売されます。
(10/31 18:29)