13人の刺客 仲代達矢

spyagent0011

spyagent0011 より

579
13,171 件の視聴
  • 情報
  • エクスポート
  • 次に追加
13人の刺客 仲代達矢 約30分に及ぶクライマックスの13人対53騎の殺陣シーンは、時代劇映画史上最長とされる。

弘化元年(1844年)、明石藩主松平斉韶の異常性格と暴虐ぶりが幕閣の知るところとなったが、将軍徳川家慶の弟である斉韶を幕閣は容易に処罰できかねていた。
しかし、事情を知らない将軍が斉韶を老中に抜擢する意向を示したことから、老中土井は暴君斉韶の密かなる排除を決意する。
利位の命を受けた旗本島田新左衛門は13人の暗殺部隊を編成し、参勤交代により帰国途上の斉韶一行を中山道落合宿で待ち構え襲撃する。

刺客
•島田新左衛門(直参旗本)
•島田新六郎
•倉永左平次(与力)
•三橋軍太夫(倉永配下)
•樋口源内(三橋配下)
•堀井弥八(三橋配下)
•日置八十吉(倉永配下)
•大竹茂助(倉永配下)
•石塚利平(倉永配下)
•平山九十郎(島田家食客)
•佐原平蔵(浪人)
•小倉庄次郎(九十郎の弟子)
•木賀小弥太(木曽落合宿郷士)
明石藩
•松平左兵衛督斉韶(藩主)
•鬼頭半兵衛

この動画へのコメントは無効に設定されています。