検索履歴をすべて削除しますか?

削除しない場合はキャンセルを選択してください

(2/2)栃木県警の発砲を断固支持する!

8 年前1.1K views

shukenkaifuku

shukenkaifuku

治安の死守とは凶悪シナ人から訴えられた警察官を守ることだ

<発砲した警察官(栃木県警)を断固として支持するぞ>

凶悪シナ人家族への損害賠償を絶対阻止せよ!

◆栃木県西方町で2006年6月、逮捕に抵抗したシナ人の無職男性(不法滞在)当時(38)=に警察官が拳銃を発砲

し男性が死亡した事件を巡り、このシナ人家族が警察官と栃木県を訴えた民事裁判で、昨年4月23日、宇都宮地裁の今

泉秀和裁判長は、警官に射殺されたシナ人遺族の訴えを全て却下した。

◆完全敗訴したシナ人家族と反日・売国弁護士らは上告、その第五回口頭弁論が東京高裁で開かれる。

◆<『語る』運動から『行動する』運動へ>は宇都宮市においてデモ・署名など計13回に及ぶ街宣活動を継続、口頭弁

論は一度も欠かさずこれを見守り、警察官の職務執行を支持してきた。これは<『語る』運動から『行動する』運動へ>

の執念である。この執念が市民へ裁判の重要性を大いに訴え、マスコミが無視する裁判へ市民の関心を呼び起こしてきた

。 宇都宮地裁の勝利はこの執念があったからこそ勝ち得たのである。

◆いま又、この警察官は公務員特別暴行陵虐致死罪で付審判(起訴)に付され、裁きの場に引きずり出される。

◆そして同じことが奈良においても始まる。窃盗の挙げ句、百キロの猛スピードで闘争する朝鮮人に発砲、国民の生命・

財産・安全を死守した四名の警官が同致死罪で裁かれる。

◆行動する運動はこの二つの裁判を必ず勝つという信念で闘う。正義を貫いた警官を守り抜かずしてどうして国家の主権

を守れようか。これら警察官を守るのは国民に課せられた義務である。

動画を報告

問題を選択

動画を埋め込む

(2/2)栃木県警の発砲を断固支持する!
自動再生
<iframe frameborder="0" width="480" height="270" src="//www.dailymotion.com/embed/video/xdxt1h" allowfullscreen allow="autoplay"></iframe>
上の埋め込みコードであなたのサイトに動画を追加します。