Advertising Console

    胴体に針金巻きついた犬保護

    再投稿
    samthavasa

    samthavasa より

    1.6K
    1 069 件の視聴
    Wire wound to the torso protection dog
     広島県福山市で22日、胴体に針金が巻きついた犬が保護されました。
     今月8日、広島県福山市で胴体に針金が巻かれている犬が見つかりました。雑種のオスで、体長は70センチ前後。目撃情報などによりますと、足を引きずりながら周辺をウロウロしていたといいます。
     「たまたま通りかかった時、腰に刺さっているように見えた。針金かなんか。よく見たらハンガーみたいなものが巻きついていた」(第一発見者)
     狩猟用のワナにかかったのか、それとも心無い人のいたずらなのか。警戒心が強いせいか、人が近寄ると逃げ出すため、2週間も保護できない状態が続いていました。
     22日午前10時半頃、この犬は動物愛護センターの職員7人がかりで保護されました。
     「飼い犬と違って(エサが)与えられていなかったから、一般の犬と比べると栄養が足りない状態」(福山市動物愛護センター 佐藤隆司 所長)
     動物愛護センターでは、犬の健康状態を見ながら、引き続き傷の治療に努めるといいます。(22日1925)