映画「荒野の七人」 後半/ED The Magnificent Seven jp

新しい動画プレーヤーを試す
spyagent0011

spyagent0011 より

664
7 048 件の視聴
  • 情報
  • エクスポート
  • 次に追加
  • プレイリスト
映画「荒野の七人」 後半/ED The Magnificent Seven jp 最後の決闘シーン 用心棒であるガンマン4人の死、そして別れ。
この後、続・荒野の七人や、新・荒野の七人ができるが、評価は今一。
<生き残り>
クリス・アダムズ
演:ユル・ブリンナー(吹替:小林修)
ヴィン
演:スティーブ・マックイーン(吹替:内海賢二)
チコ
演:ホルスト・ブッフホルツ(吹替:井上真樹夫)
<以下の4人は殉死>
ベルナルド・オライリー
演:チャールズ・ブロンソン(吹替:大塚周夫)
最終決戦では助けに駆けた子供達を注意している際に隙を突かれ落命、最後まで子供想いの心優しき人物であった。最終決戦後、殉職した4人の墓に向かって黙祷する子供達の姿が見られる。
ブリット
演:ジェームズ・コバーン(吹替:小林清志)
最終決戦では敗走する敵の銃弾に倒れるが、死の間際までナイフを投げる構えを崩さなかった。
ハリー・ラック
演:ブラッド・デクスター(吹替:森山周一郎)
7人の中で一番現実的・ドライな性格で、村を追われたときは一旦6人と袂を分かつが、結局最終決戦では彼らの元に駆けつける。しかし落馬の隙をつかれて銃弾を受け、クリスに見取られながら落命、7人最初の犠牲者となる。今わの際まで報酬を気にかけており、クリスの「村には50万ドル相当の金があり、分け前は1人7万ドルだ。」という話(もちろん嘘である)を聞いて、「来て良かった。」と満足しながら息を引き取った。
リー
演:ロバート・ヴォーン(吹替:矢島正明)
最終決戦では、人質にとられた村人を救出するため家に飛び込み、瞬時に3人の盗賊を倒す活躍を見せるが、その直後カルヴェラに射殺される。

この動画へのコメントは無効に設定されています。