検索履歴をすべて削除しますか?

削除しない場合はキャンセルを選択してください

25 April 予告編

昨年39 views

crazyhis

歴史系映画

IMDb
http://www.imdb.com/title/tt3728746/

2015年 ニュージーランド映画 85分 日本語版なし

1915年、第一次世界大戦時のガリポリ戦役を描いたドキュメンタリー風のアニメ映画。
1915年4月25日の上陸作戦開始から12月20日のアンザック地区からの撤退までを描いてる。
陸上戦が行われた主要期間全体を網羅している。
ガリポリの戦いに参加した6人の人物にインタビューしてその内容を再現ドラマで描くって構成になっている。
実際には6人が残した手紙や日記、回顧録などをもとに再構成したものだ。
6人の内、一人は1915年8月8日にチュヌク・ベアの戦いで戦死している。他の5人は戦後まで生き延びている。
映画は主に戦場での生活を描く形になっている。
6人の内、一人は看護師で近海に停泊していた病院戦での日常が彼女や負傷して運び込まれた兵士の目線で描かれている。
ハエやダニ、ノミなどの兵士たちを悩ます虫たちにも焦点が当てられている。
特にハエは画面狭しと暴れまわる。食事にももちろん飛び込んでくる。死体は真っ黒にする。
映画の中ではハエの仕草やノミやダニの王国を拡大映像で再現している。
だけどダニやノミなんかは海への一っ跳びで壊滅だ。
サソリは賭け事のネタにして娯楽に供される。
生活の場は崖に作られた小さな退避壕と海岸、どちらにもたまに敵の弾丸や砲弾が飛んでくる。
戦死者の埋葬の時に出会ったトルコ兵に煙草を勧めたり、その兵を見かけて銃を撃てなかった話とか、敵兵にまつわる話もある。
大きなイベントは4月25日の上陸、イギリスの戦艦マジェスティックがドイツ潜水艦U-21に撃沈され、潜水艦に恐れをなしたイギリス艦隊が撤退していくとき、
8月のスプラ湾への上陸とそれに伴う大攻勢、特にニュージーランドが主に担当したチュヌク・ベアの戦いが大きなイベントになる。
そこから何もなく過ぎている様子が同じ場面を地季節変える形で一気に流され、11月13日のキッチナーのガリポリ視察で、一気に撤退へと進んでおしまい。

参考文献
ガリポリ―第一次大戦における最大の勇気と最大の愚行 ISBN-10: 489226072X
ガリポリ敗退記 ASIN: B000JBLF40
Gallipoli: The Ottoman Campaign ISBN-10: 1844159671

動画を報告

問題を選択

動画を埋め込む

25 April 予告編
自動再生
<iframe frameborder="0" width="480" height="270" src="//www.dailymotion.com/embed/video/x5b0amk" allowfullscreen allow="autoplay"></iframe>
上の埋め込みコードであなたのサイトに動画を追加します。