Advertising Console

    「自民党議員全員の拍手、異常な光景」26分過ぎ2016年9月26日衆院本会議安倍総理所信表明演説

    再投稿
    gomizeromirai

    gomizeromirai より

    840
    1 473 件の視聴
    何が異常・異様なのか?
    所信表明演説にしろ、質疑にしろ、登壇者は、「意見を表明する、言葉で表現する」ことが通常である。
    拍手をされることがあっても、「自ら拍手しながら、拍手を求める」ことは、「言葉での意見表明」の「逸脱」である。それが、ルール上正当かどうかは、別に「異様・異常な意見表明スタイル」である。
    通常のスタイルになれた方は、「異様」と感じる。それば、中国や北朝鮮のそれと似ているから、よけい感じる。
    これは、当面善悪の問題ではなく、感覚の問題だかた、「良し」とする人を「ファシズム」と決め付けたて、その方は気分を害すのかもしれない。
    しかし、憲法改正(改悪)を本格的に進めようとするその所信表明演説にその異様な、異常さを感じることは大切なことだと思う。

    9月26日衆院本会議 安倍総理所信表明演説26分過ぎ 異常事件が起きた!
    安倍総理自ら拍手、自民議員起立拍手の異常 ファシズムの前兆か!
    生活の党の小沢一郎代表は「異様な光景だ。今までも日本の議会では見られないと思うし、北朝鮮か中国共産党大会みたいなアレで、ちょっとますます不安に感じた」

    朝日記事以下
    首相の呼びかけで自民議員が起立・拍手 衆院議長は注意
    2016年9月26日17時21分
    http://www.asahi.com/articles/ASJ9V5K7MJ9VUTFK012.html

     安倍晋三首相の26日の所信表明演説で、海上保安庁、警察、自衛隊をたたえるために安倍氏自らが約10秒間にわたって演説を中断し、拍手をする一幕があった。安倍氏に「敬意」を表すよう促された自民党の議員たちも一斉に立ち上がり、手をたたき続けたため、衆院では大島理森議長が「ご着席下さい」と注意した。

     安倍氏は演説で「現場では夜を徹し、今この瞬間も海上保安庁、警察、自衛隊の諸君が任務に当たっている」と強調。「今この場所から、心からの敬意を表そうではありませんか」と拍手を呼びかけた。

     安倍氏と自民議員らの行動について、民進党幹部は「品がない。国会のルールを無視した最悪のパフォーマンス」と批判。日本維新の会の馬場伸幸幹事長は「ちょっと異常な光景だ。落ち着いて真摯(しんし)に議論をしあうという状況ではなく、自画自賛をするためにやっていると、言論の府ではなくなってしまう」と懸念を示した。生活の党の小沢一郎代表は「異様な光景だ。今までも日本の議会では見られないと思うし、北朝鮮か中国共産党大会みたいなアレで、ちょっとますます不安に感じた」と語った。


    馬場・維新幹事長「自民党議員全員の拍手、異常な光景」
    2016年9月26日16時35分
    http://www.asahi.com/articles/ASJ9V557TJ9VUTFK00H.html

     (安倍晋三首相の所信表明演説の)中身よりも、「海上保安庁とか自衛隊、警察が国境警備にあたられている、非常に厳しい状況の中でがんばって頂いている」というくだりで、自民党の衆院議員全員が立ち上がって拍手した。しかも、一瞬ではなく、かなりの時間が費やされた。異常な光景だ。ああいうことをやりだすと、他の政党も、おそらくやる。落ち着いて、真摯(しんし)に議論しあう状況ではなく、自画自賛のためにやっている。言論の府、立法府の議論にはならない。高揚感があるのは、非常に結構だが、日本国民全てが夢と希望にあふれて、経済的にも十分な状況の中で、国の運営がなされているわけではない。諸課題が山積し、国民の多くが、不安を持ちながら努力している。そういうところに、目を向けて、自画自賛のようなことは避けて頂きたい。(国会内で記者団に)