検索履歴をすべて削除しますか?

削除しない場合はキャンセルを選択してください

Kerchi: Dakarguli Gmirebi  予告編

2 年前219 views

crazyhis

歴史系映画

IMDb
http://www.imdb.com/title/tt5289208/

2015-2016年 グルジアのテレビドラマ 1話60分全5話全300分 日本語版なし

第二次世界大戦時の1941年12月26日から29日に行われたケルチ、フェオドシャの戦いを描いたテレビドラマ。
主人公はケルチに上陸したグルジア人部隊の兵士。
物語は2008年のロシア・グルジア戦争から始まる。老境の主人公とその孫が語り合う。孫はグルジア軍の兵士として出征するところ。
そして主人公の回想の様な感じで本編へ入っていく。
第一話はグルジア人達が、志願或いは強制的な徴兵などによって兵士として徴兵されていくところ。
ケルチ上陸作戦は第二話目になる。ドラマのハイライトだ。
この30分のシーンのために作られたドラマのような気がするくらい、このシーンには力が入ってる。
ソ連の政治将校お得意の味方の銃殺シーンもある。
第3話から4話までは主人公の所属する中隊がケルチ半島を横断してフェオドシャへ向かう話になる。
ドイツ軍の前哨戦をドイツ兵に化けてだまくらかして突破し、ドイツの砲兵隊が駐屯する村を解放する。
ドイツ兵は一般的なロシア映画と同様に村人を処刑したりレイプしたりと残忍に描かれてる。
クライマックスの第5話がフェオドシャの戦いで、町をドイツ軍から奪い返してお終い。実際はドラマで描いているほどの激戦ではなかったようだけど。
なにせドイツ軍の守備隊は工兵一個大隊と砲兵一個中隊しかいなかったそうだから。
それにケルチに上陸した部隊はフェオドシャが陥落してドイツ軍が撤退するまで動かなかったから、ドラマのようにケルチからフェオドシャまで移動した部隊はないようだ。

この時期、ドイツ軍はクリミア半島をほぼ制圧し、クリミア最大の拠点セヴァストポリ要塞攻略の最中だった。
ソ連軍は26日にケルチに上陸、29日にはフェオドシャに上陸してクリミア半島での反撃を開始している。
最初のケルチ上陸はここの駐屯していた第46歩兵師団によって押さえ込むのに成功した。
しかし、フェオドシャでは上陸の阻止に失敗する。
近くにいたルーマニアの山岳歩兵軍団の一部が反撃に出たが直ぐに失敗して退却している。
フェオドシャが陥落したことで第46歩兵師団は退路を絶たれる危険に曝されて退却した。
だけど、ソ連軍の追撃が緩慢だったために、防衛線の構築が間に合い、ソ連軍をケルチ半島内に押さえ込むのに成功している。
この戦いではクリミアのパルチザンの組織が活発に活動したそうである。
ドラマでもソ連軍がパルチザンの協力で戦う場面が後半多く出てくる。
ドラマは実際とは幾分異なる描き方をしている。実際の戦いは真冬で、時に吹雪の舞う中で行われている。ケルチ海峡の一部も凍結していたそうだ。
ドラマの方は夏のような感じすらする。
ドイツ軍の十分には軍装を用意できなかったようで、多くはソ連軍の軍服を染め直したり改造したりして使っているようにみえる。

参考文献
失われた勝利 ISBN-10: 4892260495
バルバロッサ作戦 ASIN: B000J9GU1A

動画を報告

問題を選択

動画を埋め込む

Kerchi: Dakarguli Gmirebi  予告編
自動再生
<iframe frameborder="0" width="480" height="270" src="//www.dailymotion.com/embed/video/x3rfmb0" allowfullscreen allow="autoplay"></iframe>
上の埋め込みコードであなたのサイトに動画を追加します。