検索履歴をすべて削除しますか?

削除しない場合はキャンセルを選択してください

The Bastard Child 予告編

2 年前76 views

crazyhis

歴史系映画

IMDb
http://www.imdb.com/title/tt3369670/

2014年 インド映画 160分 日本語版なし

1971年3月から12月のバングラデシュ独立戦争を描いている。
パキスタンは元々軍部が政府を掌握する軍政にあったが、1970年12月に始めて普通選挙が行われて議会が設置された。
しかし、軍部が民政への移行を延期したためにパキスタン全土で反政府運動が広がった。
東パキスタンでは1971年3月25日から反政府運動弾圧のために西パキスタンから部隊が送られて軍事作戦が開始された。
それに対して第8東ベンガル連隊長がバングラデシュ独立を宣言して連隊と国境警備隊、警察を中心にした反政府勢力が結成されて東パキスタンは内戦に突入した。
1971年12月3日に第三次印パ戦争が勃発してインド軍が東パキスタンに侵攻し、東パキスタンに駐留していたパキスタン軍は18日降伏してバングラデシュ独立が果たされた。
軍の弾圧が始まった3月から軍が降伏した12月の9ヶ月の間に、300万人のバングラデシュ人が殺され、20万人の女性がレイプされたといわれている。
実際に虐殺などを行ったのはパキスタン軍ではなく、軍の支援を受けたイスラーム教徒民兵で。
民兵組織のリーダー、ムハンマド・カマルザマンは2014年に裁判にかけられて2015年4月12日に処刑された。
おそらくこの映画はムハンマド・カマルザマンの裁判にあわせて作られたんじゃないかって気はする。

当時の東パキスタン、後のバングラデシュのヒンズー教徒のある夫婦と、ある姉弟が主人公。
夫婦の夫はジャーナリストで軍から目をつけられていた。それで妻を収容所へ連れ去られ、夫は妻を取戻そうと奮闘する。
姉弟は虐殺が行われた村での唯一の生き残り。インドを目指して逃避行の旅をする。
その過程で、どちらも反政府勢力と接触し、パキスタン軍相手に戦うことになる。
映画の多くは虐殺シーンやその現場などをイメージのように流してる。血の河とか腐った人の死体とかかなり、きわどい映像が多い。
最も多いのは収容所にいる妻のシーンで、いかに女性たちが酷い性的虐待を受けたかが描かれてる。
最後に姉弟はインド国境に着き、夫婦は再会できたが、ボリウッドはハリウッドとは違いハッピーエンドな終わり方はしない。
実際には虐殺などの主体とされるイスラーム民兵は殆ど出てこない、虐殺などをしたのはパキスタン兵だって描き方だ。
だけど、10万そこそこのパキスタン軍が明日にもインド軍が攻めてくるかもって状況下で住民の虐殺とかに精を出している余裕があるのかなって疑問はある。
元軍人を中心にした10万人くらいのバングラデシュ・ゲリラにも手を焼いていたようだし。
ルワンダ虐殺では3ヶ月で100万人が虐殺されたといわれているから、それと比較すれば300万もありそうな数字という気もするけど。

参考文献
バングラデシュを知るための60章 ISBN-10: 4750330949
南アジア史 (新版 世界各国史) ISBN-10: 4634413701
インド現代史 【下巻】―1947-2007― (世界歴史叢書) ISBN-10: 4750335258

動画を報告

問題を選択

動画を埋め込む

The Bastard Child 予告編
自動再生
<iframe frameborder="0" width="480" height="270" src="//www.dailymotion.com/embed/video/x3o2md1" allowfullscreen allow="autoplay"></iframe>
上の埋め込みコードであなたのサイトに動画を追加します。