検索履歴をすべて削除しますか?

削除しない場合はキャンセルを選択してください

Deadline Gallipoli 予告編

3 年前50 views

crazyhis

歴史系映画

IMDb
http://www.imdb.com/title/tt3458030/

2015年 オーストラリアのテレビドラマ 1話100分全2話全200分 日本語版なし

1915年、第一次世界大戦時のガリポリ戦役を描いたテレビドラマ。
1915年4月25日の上陸作戦開始から12月20日のアンザック地区からの撤退までを描いてる。
陸上戦が行われた主要期間全体を網羅している。
主人公は実際にガリポリの戦いを取材した、チャールズ・ビーン、エリス・アッシュミード・バートレット、フィリップ・シューラーの三人の記者。
第一陣の上陸部隊と共に上陸を果たしたチャールズ・ビーン。
前線での堅実な取材で記事を書いたが、前線での実情を伝えようとするあまり、読者が好みそうな派手さがなく、人気は今ひとつだったそうだ。
洋上の戦艦で読者好みの派手な内容の記事を描いたエリス・アッシュミード・バートレット。
上陸することなく、軍上層部などから情報を取って記事を書き、ガリポリの戦いの後は戦争ショウなどで一稼ぎしたそうだ。
ドラマの中でウィンストン・チャーチルが彼を評してアジテーター、扇動者だと切り捨ててる。
前線後方の野戦病院や補給基地が設置されたレムノス島や、病院船などで捏造写真を作り、看護婦との恋愛を楽しむフィリップ・シューラー。
最後の方では実際に前線へ行き、戦場の過酷さを知って戦場の兵士たちの姿を撮影するようになる。
主にチャールズ・ビーンの視点が中心になり、後方の様子などをエリス・アッシュミード・バートレットが補足してって感じな描き方に見える。
イギリスの戦艦マジェスティックがドイツ潜水艦U-21に撃沈されたときにバートレットがたまたま乗っていた。
この事件の後、直ぐにロンドンへ戻って政府首脳と会見などしている。
ドラマの描く主要な事件は最初の上陸作戦、8月の大攻勢、キッチナーのガリポリ訪問、撤退ってところだ。
ガリポリを訪れたキッチナーにチャールズ・ビーンが抗議したりする。
ガリポリを訪れた記者は総司令官はミルトンの方針で基本的に前線後方のレムノス島に滞在することとなっていたようだ。
他の兵士などと違って豪華なご馳走での歓待つき。
この辺りは同年に放送された別のガリポリのドラマでも再現されていた。記者はいつも豪華なお食事に舌鼓って感じで。
唯一、チャールズ・ビーンが抗議しているように描かれてる。
2015年にオーストラリアでは、全逮捕俯瞰する幹事の、看護婦は見たって感じのと、いくつもガリポリ戦役のドラマが作られている。
これは記者の目から見たガリポリってところのよう。

参考文献
ガリポリ―第一次大戦における最大の勇気と最大の愚行 ISBN-10: 489226072X
ガリポリ敗退記 ASIN: B000JBLF40
Gallipoli: The Ottoman Campaign ISBN-10: 1844159671

動画を報告

問題を選択

動画を埋め込む

Deadline Gallipoli 予告編
自動再生
<iframe frameborder="0" width="480" height="270" src="//www.dailymotion.com/embed/video/x37qhtj" allowfullscreen allow="autoplay"></iframe>
上の埋め込みコードであなたのサイトに動画を追加します。