検索履歴をすべて削除しますか?

削除しない場合はキャンセルを選択してください

kenau 予告編

3 年前48 views

crazyhis

歴史系映画

IMDb
http://www.imdb.com/title/tt2512170/

2014年 オランダ映画 113分 日本語版なし

オランダ独立戦争の最中、1572年12月から1573年7月にかけて行われたハーレム包囲戦で活躍した女性キアヌの物語。
1572年11月にオラニエ公ウィレムがハーレム議会で州知事に任命された辺りから物語は始まる。
キアヌに関しては伝説が多く確実なところはあまり分かってないようだ。
キアヌがハーレムの戦いに参加したことすら疑問視する研究者もいるみたい。
なぜならハーレム陥落後に大規模な処刑が行われたけど、女性の処刑者は少数で、キアヌはその中に含まれていない。
キアヌが組織した女性部隊が存在するのなら、女性の処刑者がもっといてもいいだろうってことのよう。
彼女は商人の妻で、夫の死後は未亡人として商売を切り盛りしていた。
子供は四人で、娘の一人は戦いの起こる前に死去している。映画ではキリスト教徒によって火刑に処されたって設定になっている。
攻撃側の総攻撃、守備側の補給部隊に対する奇襲、敵本陣への奇襲、そして最後の陥落と攻城戦映画でのお決まりのイベントを踏襲した感じだ。
スペイン軍は城を攻めるとキアヌの罠にはまって火責めにあうし、霧の中を進軍中の補給部隊はキアヌ率いる女性部隊に奇襲されるし、
城壁の上でストリップショウが始まったからそっちに注目してたら火薬庫を爆破されるしと、キアヌにしてやられてばかりって感じだ。
最後はスペイン軍が坑道作戦で城壁を崩して市内へ突入し、虐殺が始まる。
キアヌも捕らえられて縛り上げられた上に河へ突き落とされたけど、服を着た上に縛り上げられても泳げるほどの体術で切り抜ける。
映画では、だから記録にも残らないし彼女は助かったっんだって説明しようとしてるよう。
伏線として貴族の奥方様との対立や娘との確執って感じのものもあるよう。
オランダ語がわからなくて詳しくは把握できなかったけど。
16世紀を舞台にした城攻め映画ってところ。

参考文献
オラニエ公ウィレム―オランダ独立の父 ISBN-10: 4892595616

動画を報告

問題を選択

動画を埋め込む

kenau 予告編
自動再生
<iframe frameborder="0" width="480" height="270" src="//www.dailymotion.com/embed/video/x37n9lb" allowfullscreen allow="autoplay"></iframe>
上の埋め込みコードであなたのサイトに動画を追加します。